福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

遺産分割とは何か ~遺産分割の方法~

1 相続との違い

1) 相続とは

そもそも、遺産分割と相続とは、何が違うのでしょうか。

相続とは、死亡した人の財産が、家族などに引き継がれることです。相続の手続では、財産を引き継ぐ人のことを相続人といいます。そして、相続財産は、死亡した瞬間に、自動的に、相続人に相続されます。

2) 遺産分割の意味

そうであれば、遺産分割は何のために行うのでしょうか。

遺産分割は、相続人が2人以上いる場合に必要な手続です。相続人が2人以上いる場合には、相続財産は、法律や遺言で指定された割合に従って、相続人達に引き継がれます。例えば、不動産は相続人達の共有となり、預貯金はそれぞれの相続分に応じて分割取得されます。

そうはいっても、不動産を共有のままだと使用や売却の際に支障もあります。また、預貯金を利用するにも、相続人全員の同意書が必要になるなど、実際には困難です。

そのため、相続人たちは、それぞれの相続分に従がって、相続財産をどのように分けるのかを決める必要があります。これが、遺産分割の手続です。

2 遺産分割の手続

遺産分割の手続としては、①遺産分割協議、②遺産分割調停、③遺産分割審判の3つの方法があります。

遺産分割協議を行うには、全ての相続人で協議したうえ、合意する必要があります。そのため、各相続人の意見を調整できない場合や、協議に参加してくれない相続人がいる場合には、協議で遺産分割することはできません。

そのような場合、家庭裁判所に対し、遺産分割調停や遺産分割の審判の申立てを行い、遺産の分割を行うことになります。遺産分割調停は、裁判所の関与の下で、相続人同士で遺産分割の合意を目指す手続です。また、遺産分割審判は、裁判所が相続分に応じた遺産分割方法を定め審判を下す手続です。

 

3 遺産分割の問題点

以上の手続のなかでは、相続人の範囲、法定相続分、遺産の範囲や評価など、さまざまな事情を考慮して、公正な分割方法を検討することになります。そのためには、法律知識や経験が重要です。

このように、遺産分割は、弁護士が皆様のお力になれる分野ですので、ぜひ一度ご相談ください。

【動画】遺産分割とは何か


ご予約フリーダイアル0120-976-481