福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

14日 6月 2024
 この動画では、「暗号資産」と相続の関係について、解説したいと思います。  暗号資産は、最近ではテレビCMでも見かけるようになり、認知度が高まってきたのかなという印象ですが、その普及に併せて、今後、暗号資産を保有したまま被相続人が亡くなるケースも、多くなるものと思います。...

16日 5月 2024
こんにちは、弁護士の奥田です。 今日は、「『社長』の相続。代表取締役死亡のときの注意点」ということでお話をしたいと思います。

15日 2月 2024
こんにちは、弁護士の奥田です。 今日は、「相続放棄の期間制限」についてお話をしたいと思います。 相続というのは、例えば、お父さんが亡くなって、何もしなければ、お父さんの権利義務を、相続人(例えば、お子さん)が全て包括的に承継する、受け継ぐということになっています。...

27日 9月 2023
 今回の動画では、所有者不明の不動産にまつわる新たな仕組みについて解説したいと思います。  所有者不明の土地に関する問題については、これまでに2回、「相続土地国庫帰属制度」「登記申請の義務化」というテーマと共に解説しました。これらはいずれも、所有者不明土地の「発生予防」という観点から策定された制度です。...

19日 9月 2023
こんにちは。弁護士の奥田です。 今日は債務の相続で借金はどうなるのかといったテーマでお話をしたいと思います。

28日 7月 2023
 今回の動画では、法改正によって令和6年4月1日からスタートする「相続登記申請の義務化」について解説したいと思います。  相続(遺言も含む。)によって不動産を取得した相続人は、その所有権の取得を知った日から3年以内に相続登記の申請をしなければならないこととされました。...

05日 6月 2023
 今回の動画では、令和5年4月27日からスタートした、「相続土地国庫帰属制度」について解説したいと思います。  土地を(やむを得ず)相続したものの、「遠くに住んでいて利用する予定がない」「管理の負担が大きい」などの理由で、“土地を手放したい”という方が、特に地方を中心に増えてきています。...

30日 11月 2022
「成年被後見人の遺言」。民法973条と同じく、966条という条文があります。これを中心に説明していきたいと思います。

15日 11月 2022
今日は「予備的遺言」についてお話をしたいと思います。『相続人が先に死亡する場合に備えて』というテーマです。

17日 10月 2022
「遺言すべき場合」ということで、特別受益者がいる場合についてお話をしたいと思います。 こういう場合は遺言しておいた方がいい、という事例についての説明です。

さらに表示する