福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

福岡の弁護士 おくだ総合法律事務所

福岡の相続・遺言・遺産分割の相談は当事務所へ

遺産相続に関する争いは、遺産の多い少ないに関わらず、どんなご家庭にも起こり得る問題です。円満な相続を行うために、相続案件で経験豊富な私どもが丁寧にサポートさせていただきます。一度の相談だけで『争族』を防げる場合もあります。将来の相続を見据えた事前の対策についても、すでに相続が発生した場合も、一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。事務所は福岡市中央区大名にございます。

 

お電話・メールでご予約、ご来所の上ご相談ください

メール・お電話でのご相談は受け付けておりません。必ずご予約ください

ご予約専用フリーダイアル

0120-976-481

平日 AM  8:30 - PM 6:00

土曜 AM10:00 - PM 3:00

福岡市中央区大名2-4-19

福岡赤坂ビル601


円滑な相続のために、弁護士がサポートいたします

遺産分割のご相談

遺産分割のご相談
遺言書必要度チェック

 あなたにとって、遺言書を作成する必要があるのかどうか、まずはチェックしてみてください!


相続のご相談よくある質問

相続・遺言のご相談でよくいただく質問です。どうなんだろう??とご不安になられることにもお答えしてまいります。


こんな方は、ぜひ弁護士にご相談を!

○ご家族が多い方

→遺産の分け方が複雑になりますので、遺言で対策をしておく必要があります。

 

○妻・夫はいても,お子さんがいない方

→遺言がなければ義理の父母や兄弟姉妹が相続人となるので,話合いに時間がかかる場合があります。遺言によってこのようなトラブルを回避することができます。

 

○再婚された方

→前妻・前夫との間の子も相続人となるので,感情的なもつれが生じやすくなります。遺言による対策が必要です。

 

○行方がわからないご家族がいる方

→このままでは遺産分割ができないことになってしまいます。遺言によって音信不通となってしまった方を,相続から除くことができます。

 

○内縁の妻・夫がいる方

→遺言によって,相続人とならない内縁の妻・夫に財産を残したり,内縁の子を認知することができます。

 

○世話をしてくれた方に財産を与えたい方

→娘婿や嫁は,法律上,相続人となりませんが,遺言によってこうした方にも財産を残すことができます。

 

○ご家族がいない方

→相続人がいなければ財産は国庫に帰属することになるので,遺言によってご自身で財産の処分を決めておく必要があります。

 

○事業を経営している方

→遺言で事業を後継者に受け継がせることができます。

 

○不動産をお持ちの方

→分割が難しく,相続税も発生する場合がありますので、遺言等による対策が必要です。

 

○借金が多い方

→そのままでは相続人となる方が借金を引き継ぐことになってしまいますので対策が必要です。円滑な相続のために,弁護士がサポートいたします

遺言書を作成したら、さらにやっておきたいことがあります

任意後見、尊厳死、相続税

奥田貫介弁護士・奥田竜子弁護士 ごあいさつ

奥田貫介(兄)・奥田竜子(妹)からの、相続・遺言相談についてのごあいさつ

おくだ総合法律事務所の特長

(1)当事務所ができること

奥田貫介弁護士
代表 奥田貫介弁護士

当事務所は,これまで福岡市・福岡県を中心に相続・遺言などの家事事件を多く取り扱って参りました。その中で,様々なご家族と接し,相続についていろいろな経験をさせていただいております。

相続は人が亡くなることによって誰にでも生じるものです。しかし,財産の内容や家族関係によって生じる問題は様々ですから,ご相談者様に合う解決方法を見つけることが大切です。

当事務所は,相続が始まる前の遺言から,相続が始まった後の遺産分割や相続税の納税まで,みなさまの身になって問題を解決したいと考えています。

(2)当事務所の強み

当事務所は,当事務所は,弁護士・奥田貫介(おくだかんすけ・兄),弁護士・奥田竜子(おくだりょうこ・妹),弁護士・田代隼一郎(たしろじゅんいちろう)の3名の弁護士で運営しています。

当事務所は,相続問題処理に必要な法的知見、数多くの経験を有することはもちろん、税理士,司法書士など,相続問題処理に必要な税務、登記実務等の知見を有する他士業の先生方と緊密なネットワークを有しており、相続問題解決に強い力を発揮します。

また,事務所内でも,弁護士間はもちろん,事務職員も含めてどんなことでも相談し合える信頼関係を築いています。こうした信頼関係が他の事務所にはない,ご相談者様の身になって問題を解決していく力になると考えています。

(3)ご相談いただくメリット

普段,相続についてお考えになる方は多くないのではないでしょうか。ご遺族となる方にとっても,その時になってみると葬儀や挨拶回りなどのほか,お仕事や子育てなど日常生活もこなしていかなければなりません。そして,親戚づきあいが疎遠となっていれば,遺産の話合いがまとまらないことが多くなります。このような状況では,相続の細かい点について考えることもできず,トラブルも生じやすいといえます。

 

そこで,法律の専門家である弁護士が加わることで,相続を公平に円滑にすすめることができるといえます。ご家族での話合いだけで解決できなければ,調停や訴訟など裁判所が関与する手続きも行うことができます。

当事務所は,ご相談者様から相談しやすく,頼りにされる法律事務所でありたいと考えていますので,ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士奥田貫介より 相続について皆様へメッセージ

 

高校まで地元福岡で過ごし、大学は京都に行きましたが、大学卒業後、平成10年に郷里の福岡で弁護士を開業しました。

弁護士開業後、多数の遺言、相続事案を扱ってきました。

その中で、いつも感じることは、次の2点です。

 

1、相続紛争の多くは、故人が生前にきちんとした遺言を残してさえいれば、親族間の紛争を回避できたケースだということ。せっかく遺産を残したのに、そのことが原因で残された者達が争うことになるのは、本当に残念なこと、罪作りなことです。「遺産を残すのであれば、遺言をしておく」べきです。

 

2、人は立場によって考え方が全く違うということ。たとえば、親の介護をしていた長男は、「介護の苦労は他の兄妹達もわかってくれる筈」と考えますが、他の兄妹達は、「兄は同居の親から援助をもらっていて得をしている」と考えています。さらに、双方にそれぞれの家族がつくのですから、「話せばわかる」とはなりません。

 

ですから、相続の場面では、

①まず事前に遺言書を作成しておくこと

②紛争になったら、早期に弁護士を入れるか、弁護士に相談して、法律にのっとって、冷静に交渉していくべきだと思います。

 

そうすることにより、相続紛争は、事前に防止でき、あるいは、有利にかつ後腐れなく解決できることになるのです。

 

事務所Information

おくだ総合法律事務所

(旧:奥田・二子石法律事務所)
福岡県弁護士会所属

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名2-4-19

福岡赤坂ビル601 

(1階はアパマンショップです)
地下鉄赤坂駅徒歩2分

地図はこちら

事務所ホームページ

https://www.okuda-lawyer.com/

交通事故相談サイト

自己破産・債務整理相談サイト

離婚相談サイト

ご予約専用フリーダイアル

0120-976-481

TEL 092-739-6262 

FAX 092-739-6260

営業時間

平日 AM  8:30 - PM 6:00

土曜 AM10:00 - PM 3:00

(日曜祝祭日休業)


相続制度の概要 奥田弁護士が動画でご説明します

こんにちは。弁護士の奥田貫介です。今日は相続制度の概要について概括的にお話をしたいと思います。

 相続とは

まず相続という言葉は皆さんお聞きになったことがあるかと思いますけれども、相続というのは法律的にいうと人の死亡によって、その人の権利義務が包括的に引き継がれる制度。こういうことになります。ここで大切なことは「人の死亡によって」というところ。人の死亡によって当然に、要するに人が亡くなった瞬間に起こるということ。当然に起こるということです。それからもう一つはその人が持っていた権利義務が包括的に、もう一切合切全部引き継がれるということ。包括性というとこです。この2つがポイントになってきます。要するに包括的にっていうことは権利も、権利というのはプラスの財産です。財産と資産です。それから義務、マイナスのことです。これは借金とかもここに含まれてきます。これが全部引き継ぎになりますというところ。ここがポイントになります。当然性と包括性、この2つがポイントだと思います。

 

 例を挙げて説明をしたいと思います。お母さんがおられて、長男と次男がおられる。こういう家族で考えたいと思います。ここで今回お母さまが亡くなりました。そうすると亡くなった瞬間に、この相続というのが発生する。包括承継というのが亡くなった瞬間に発生するということになります。

 相続放棄

そうするとまず一つの問題として、お母さんが借金ばっかりだったというような場合。5億円の借金がありました。財産は何もありません。こういった場合でもこの相続ということによって、この場合は借金の引き継ぎが生じるということになります。そうなってくると長男と次男はたまったもんではありませんので、この場合の制度として、相続放棄という制度があります。

 

ですので、先ほど言ったように何もしなければ借金引き継ぎになっちゃいますから、この場合には相続放棄という手続きを家庭裁判所にするということが必要になってきます。この相続放棄についてはまた後ほどご説明しますけれども、これには期間の制限があったり、あるいは放棄の前に遺産の処分をしてしまったりとかしたような場合は、放棄できないというようなこともありますので、注意が必要です。相続放棄ページへ

遺産分割

 それから次に、今度は財産があるといったような場合について考えたいと思います。ここに例えば土地があります。お母さんが土地を持っていたというような場合です。これも当然承継ですので、お母さんが死ぬことによって長男と次男が当然にこれを引き継ぎということになります。ただこの場合にはこの引き継いだ財産の財産分け、遺産分けをしないといけない、と、こういうことになります。これがいわゆる遺産分割という問題です。遺産分割ページへ

 特別受益

この遺産分割のときによく問題になる話として、例えばお母さんは生前、ご長男にだけ多額のお金を渡していたと。次男は何ももらってませんと。こういったような場合です。この場合にもこの土地を法定相続分どおり、この場合は1/2ずつですけれども、1/2ずつ単純に分けるということでは、これはご次男にとって不公平だということになるわけです。この場合に、特別受益ということが問題になる。長男の特別受益ということが問題になって、要するにここで分け方を次男に長男の特別受益を考慮して、この土地については次男のほうが多くもらうべきだというような話が出てきます。特別受益ページへ

寄与分

 それから今の話とは逆に、例えばご長男はお母さんが生きている間に多額の援助をお母さんにしていました。経済的な援助をしていたと。それでお母さんのこの土地の財産の形成に寄与しておりました。こういったような場合には、この遺産分割の際には長男に有利に遺産が分割されるべきだと。取り分が多くなるべきだと。こういったようなことになります。これが寄与分という問題です。

この遺産分割に際してはこの特別受益、それから寄与分ということが問題になることがあります。寄与分ページへ

遺言

 さらに最後に、遺言という問題があります。今までの話というのは、お母さんが何も遺言してなかったような場合ですけれども、例えばお母さんが生前に土地は長男にだけやるといったような遺言をしておけば、そういった遺言も有効になります。遺言ページへ

遺留分

ただこの場合に次男としては、もうそれで引き下がるしかないのかというと、そうではなくて、法律は遺言をもってしても奪い得ない次男の権利というものを定めています。これがいわゆる遺留分という制度になります。この遺言がある場合でも次男には遺留分というものがあって、この遺留分について請求できるということになります。遺留分ページへ

 以上相続の制度について概括的にお話をしました。

相続・遺言の法律豆知識

2017年

12月

13日

相続と生命保険

こんにちは。弁護士の奥田です。
今日は、相続と生命保険の関係について、ご説明したいと思います。

続きを読む

2017年

9月

04日

嫡出でない子の相続分

Q.長男は正式に結婚していた先妻の間にできた子で、二男は現在の妻との間にできた子です。現在の妻とは婚姻届を出さずに暮らしています。個人で経営してきた商店を長男に受け継がせたいと考えていますが、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

19日

再婚相手の子の相続分

Q.長男は先妻の間にできた子で、二男は現在の妻の連れ子です。二男は、私との間にできた子ではありませんが、我が子のように大切に育ててきました。長男と同様に財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

01日

兄弟姉妹の相続分

 

Q.商店を妻と経営してきましたが、子はいません。私の両親は他界しており、私の弟2人は商店を手伝ったことはありません。妻だけに商店などの財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

相続・遺言の法律知識ブログ 一覧

Facebookページもご覧ください

お電話・メールでご予約、ご来所の上ご相談ください

メール・お電話でのご相談は受け付けておりません。必ずご予約ください

ご予約専用フリーダイアル

0120-976-481

平日 AM  8:30 - PM 6:00

土曜 AM10:00 - PM 3:00

福岡市中央区大名2-4-19

福岡赤坂ビル601