福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

カテゴリ:法律豆知識


11日 5月 2021
遺留分の制度については、最近法改正があり、従来は、「遺留分減殺請求」をすると、個々の財産について遺留分権者の持分が生じる、ということだったのが、 改正法では、遺留分権者は金銭請求権を持つ、ということになりました。...

14日 4月 2021
こんにちは弁護士の田代です。...

09日 4月 2021
Aが父親、BとCが子供。 AからBに5年前に2000万円を生前贈与。その結果、遺産0、債務も0 この場合、遺留分の計算方法は、民法1043条によると、 (死亡時の財産額+贈与の価額-債務)×遺留分率 したがってこの場合、Cの遺留分は (0+2000万円-0)×1/4=500万円...

22日 3月 2021
遺言を撤回する方法として「遺言書の破棄」について説明します。 民法1024条では、「遺言者が故意に遺言書を破棄した場合にときは、その破棄した部分については遺言を撤回したものとみなす」と規定されています。

26日 1月 2021
民法の1022条「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。」いつでも撤回できるんですね。

03日 12月 2020
特別受益というのは相続の時の財産の分け方に関して大きな影響のあることになるわけですけれども、どうやって見つけるのかということが非常に大切ということになります

16日 7月 2020
今回はまず、自筆証書遺言や保管制度の概要について簡単にご紹介したいと思います。  そのうえで、保管制度を利用して遺言者と相続人等がそれぞれできることについて、ご説明いたします。

15日 1月 2020
こんにちは、弁護士の奥田です。 今日は遺言が必要な場合、世話をしてくれた人に報いたい場合という題でお話をしたいと思います。

11日 12月 2019
例えばこういう事例です。 お父さん A とお母さん B がいてお子さん C ・ D がいるという時です。

02日 12月 2019
こんにちは、弁護士の奥田です。 今日は「相続人が先に亡くなった場合の遺言の効力」というテーマでお話をしたいと思います。 こういう事例です。 お母さんがおられて、子どもさんが A さん B さん二人いる。 A さんには更に子ども C さんがいるという事例で、お母さんが「 A にすべてを相続させる」という遺言をした後で、 A...

さらに表示する