福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

カテゴリ:法律豆知識


15日 11月 2022
今日は「予備的遺言」についてお話をしたいと思います。『相続人が先に死亡する場合に備えて』というテーマです。

17日 10月 2022
「遺言すべき場合」ということで、特別受益者がいる場合についてお話をしたいと思います。 こういう場合は遺言しておいた方がいい、という事例についての説明です。

27日 9月 2022
配偶者居住権とは?夫婦の一方が亡くなった場合に、その方が生前所有していた建物に、残された配偶者の方が、終身(亡くなるまで)又は一定の期間、無償で住み続けられる権利のことをいいます。

03日 9月 2022
一つの証書に2人連名で遺言すると無効となります。民法の975条に「共同遺言の禁止」ということで、「遺言は2人以上の者が同一の証書ですることができない」となっています。

01日 7月 2022
こんにちは弁護士の奥田です。 今日は遺言しておくべき場合、その中で寄与分がある場合についてお話をしたいと思います。

29日 3月 2022
こんにちは弁護士の奥田です。今日は会社株式の相続ということで、主に中小企業・同族会社の株を持っている方が亡くなった時に、相続関係でトラブルになる可能性がある。そういったトラブルを防止するために取るべき方法についてご説明をしたいと思います。

20日 10月 2021
相続の際に、亡くなった方の預金がどのように取り扱われるか。 1.従来は、「預金は法定相続分に応じて当然に分割」とされていました。  ⑴ つまり、各相続人は、遺産分割の話合いで決着しなくても、それぞれが、法定相続分に応じて、払戻をうけることができる、とされていました。

11日 5月 2021
遺留分の制度については、最近法改正があり、従来は、「遺留分減殺請求」をすると、個々の財産について遺留分権者の持分が生じる、ということだったのが、 改正法では、遺留分権者は金銭請求権を持つ、ということになりました。...

14日 4月 2021
こんにちは弁護士の田代です。...

09日 4月 2021
Aが父親、BとCが子供。 AからBに5年前に2000万円を生前贈与。その結果、遺産0、債務も0 この場合、遺留分の計算方法は、民法1043条によると、 (死亡時の財産額+贈与の価額-債務)×遺留分率 したがってこの場合、Cの遺留分は (0+2000万円-0)×1/4=500万円...

さらに表示する