福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

相続人の範囲 ~相続人には誰がなる?

1 相続人とは

相続人とは、相続財産を受け継ぐ人のことです。つまり、死亡した人の財産は、相続人に引き継がれることになります。

2 相続人の決め方

そのような相続人に、一体誰がなるのでしょうか。これについては、死亡した人の遺言か、法律によって決まります。

1) 遺言による指定(指定相続人)

まず、死亡した人が遺言を残していた場合には、遺言で指定された人が相続人となります。例えば、生きている間に遺言書を作ることで、何人かの相続人に財産を振り分けることもできますし、振り分ける財産の割合もほとんど自由に指定できます。

2) 法律による決定(法定相続人)

つぎに、死亡した人がそのような遺言を残していない場合に、誰が相続人となるかは、法律に従うことになります。

そして、法律では、相続人となる人について、配偶者のほか、①子供、②直系尊属、③兄弟姉妹の順番で定められています。順番にご説明しましょう。

 

第1に、死亡した人に子供がいれば、子供が相続人となります。

第2に、死亡した人に子供がいなければ、直系尊属(父や母。父も母もいなければ、祖父母)が相続人となります。

第3に、子供も直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹が相続人となります。

そして、死亡した人の配偶者は、それらの相続人と共同して、相続人となります。

 

つまり、法律上、死亡した人の子供と配偶者は必ず相続人になりますが、父母や兄弟姉妹は補欠のような立場で、必ず相続人になれるとは限りません。

 

3) 具体例

たとえば、Aさんが死亡した場合、Aさんに妻と子供がいれば、妻と子供が共同して相続人となります。ところが、Aさんに子供がいなければ、妻と両親が共同して相続人になるのです。このような制度のため、もし、Aさんに隠し子がいれば、大問題になります。

3 遺言のすすめ

さて、現実の家族には、家族ごとにさまざまな事情があります。そのため、誰に何を相続されるかについても、様々な事情があるはずです。そのため、家族の事情を踏まえた相続を実現するためには、遺言を残しておくことをお勧めします。

【動画】相続人の範囲


ご予約フリーダイアル0120-976-481