福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

尊厳死宣言公正証書(リビングウィルカード)

尊厳死宣言公正証書とは

医療技術の進歩によって,患者が自分で呼吸できなくなった後も長期にわたり延命措置が続けられるようになってきました。そこで,回復する見込みがないまま医療機器に繋がれているのは,人として尊重されていないのではないか,と考える人も出てきました。

 

尊厳死とは,回復の見込みがない状態で死期が迫っている患者に対し,延命措置を中止することなどにより,人として品位ある死を迎えさせることをいいます(注1)。

 

尊厳死宣言公正証書(リビングウィルカード)は,「回復の見込みがない状態で死期が迫っている場合には延命措置を希望しない」という意思を公正証書にしたものです。

公正証書は,公証人という法律の専門家が作成する公文書で,高い証明力があるものです。このことから,尊厳死宣言公正証書により,尊厳死を希望することをご家族や医療関係者・警察等に明確に示すことができます。

 

尊厳死宣言公正証書の効果

尊厳死宣言公正証書は,患者の意思を明確に示すことができるものですが,医療関係者に尊厳死を義務付けるものではありません。しかし,医療関係者は,患者の意思が明確になっていない場合には,延命措置を続けることが通常です。

 

尊厳死は,生命を縮めるという倫理的な問題,医師が殺人罪や損害賠償責任を問われかねないという法的な問題など,難しい問題を含んでいるため,尊厳死を認める法律がないのが現状です。このように尊厳死が全ての人に認められていないからこそ,ご自身の尊厳死についての考え方を明確にしておくことに意味があるといえます。

尊厳死宣言公正証書のご相談

尊厳死は,人の最期を厳かに迎えるためのもので,ご家族の介護や経済的な負担を軽減するためものではありません。また,当事務所は,死期を早めることをすすめるものではありません。しかし,ご自身の人生の終え方をご自身で決定したいというお考えを大切にしたいと考えています。

ご自身の人生の終え方として尊厳死を選ぶことは非常に重大な決断ですから,ご家族とともに信頼できる弁護士と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

 

(注1)「尊厳死」と似た言葉に「安楽死」があります。「安楽死」とは,激しい肉体的苦痛が生じ,死期が迫っている患者の意思に基づいて,その苦痛を緩和・除去するために,安らかな死を迎えさせることをいいます。


ご予約フリーダイアル0120-976-481