福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

相続・遺言の法律豆知識

2019年

10月

31日

字を書くのが難しい人の遺言【動画で解説】

続きを読む

2019年

10月

09日

中小企業の事業承継における遺言の重要性

続きを読む

2019年

6月

10日

【動画で解説】自筆証書遺言と公正証書遺言

続きを読む

2019年

3月

04日

【動画で解説】亡くなった親戚の借金

続きを読む

2019年

2月

28日

【動画で解説】再転相続

続きを読む

2019年

1月

08日

【動画で解説】熟慮期間の伸長 相続放棄の期間

続きを読む

2018年

12月

07日

遺留分と財産の時効取得

Q.

2人兄弟の母が、亡くなる10年前、長男である私に住宅を贈与していました。その母が亡くなったのですが、贈与された住宅以外に大した財産は残されていません。二男が「遺留分」を請求してきましたので、二男に住宅の一部を渡さなければならないのでしょうか?

続きを読む

2018年

11月

26日

葬儀費用の負担

続きを読む

2018年

9月

19日

ペットに関する遺言・相続

突然ですが、皆様の中に、大切なペットがいるという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。おそらく、その数は少なくないのではないかと想像いたします。そして、お飼いになっているペットは、家族の一員としてなくてはならない存在となっていることでしょう。

続きを読む

2018年

9月

03日

遺留分減殺の順序

Q. 2人兄弟の母が、亡くなる半年前に住宅の購入資金として1000万円を長男に贈与していました。その母が亡くなり、「3000万円を知人Aに与える」という遺言を残して亡くなりました。二男の私が「遺留分」を請求するには、長男とAさんとどちらにすればよいのでしょうか?

続きを読む

2018年

8月

09日

同時死亡の場合の相続(2)

民法では、「同時死亡の推定」という規定を設け、「数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後に生存していたことが明らかでないときは、これらの者は同時に死亡したものと推定する」としています。

続きを読む

2018年

7月

22日

同時死亡の場合の相続(1)

相続について考えるとき、交通事故や災害などで複数の親族が同時に死亡してしまった場合の相続関係はどうなるのか、という問題があります。

続きを読む

2018年

4月

18日

遺言書の書き方~遺言書を受け取ったとき または 見つけたときの対応

皆さんこんにちは。弁護士の井上です。
今日は遺言についてお話したいと思います。
皆さんは4月15日が「遺言の日」であることをご存知でしょうか。

続きを読む

2017年

12月

13日

相続と生命保険

こんにちは。弁護士の奥田です。
今日は、相続と生命保険の関係について、ご説明したいと思います。

続きを読む

2017年

9月

04日

嫡出でない子の相続分

Q.長男は正式に結婚していた先妻の間にできた子で、二男は現在の妻との間にできた子です。現在の妻とは婚姻届を出さずに暮らしています。個人で経営してきた商店を長男に受け継がせたいと考えていますが、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

19日

再婚相手の子の相続分

Q.長男は先妻の間にできた子で、二男は現在の妻の連れ子です。二男は、私との間にできた子ではありませんが、我が子のように大切に育ててきました。長男と同様に財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

01日

兄弟姉妹の相続分

 

Q.商店を妻と経営してきましたが、子はいません。私の両親は他界しており、私の弟2人は商店を手伝ったことはありません。妻だけに商店などの財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

2月

07日

半血の兄弟の相続分

 

Q.兄が交通事故で亡くなりました。兄と私の祖父母や父母は既に他界しています。私たちには、父と後妻の間にできた弟がいますが、本当の兄弟のように過ごしてきました。兄の財産を私と弟で平等にわけることができるのでしょうか?

続きを読む

2016年

10月

19日

子への相続

Q.長年、妻と2人の子を合わせた4人で商店を経営してきましたが、事業を長男に受け継がせたいと考えています。二男は事業を受け継ぐ気がないのですが、クルマはほしいようです。財産を分けるには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

9月

27日

配偶者の相続分

Q.長年、妻と2人の子の4人で商店を経営してきました。事業を長男に譲りたいのですが、妻にも一定の割合の財産をのこしたいと考えています。どのような方法があるでしょうか。

続きを読む

2016年

9月

23日

法定相続分とは

Q.長年、妻と2人の子を合わせた4人で商店を経営してきました。そろそろ事業を長男に受け継がせたいのですが、相続の割合は法律で定められたとおりでなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

9月

06日

遺留分の放棄

 

Q.個人で経営してきた工場を、2人いる子のうち、工場を手伝ってきた長男に譲りたいと思います。工場関連の財産が、私の有する財産の大部分を占めるようです。このような場合、工場経営を長男にスムーズに受け継がせるためには、どのようなことに留意すればよいでしょうか。

続きを読む

2016年

8月

24日

遺留分と贈与

 

Q.私たち2人兄弟には母しかいません。母は、5年前に住宅の購入資金として500万円を長男に贈与していたのですが、先日、「すべての財産を長男に相続させる」という遺言を残して亡くなりました。二男の私の「遺留分」を算定するとき、贈与された500万円は考慮されるのでしょうか?

続きを読む

2016年

8月

10日

遺言と生前贈与

Q.小さな商店を経営していますが、経営を一緒に行ってきた娘婿に事業を譲りたいと思います。生きている間に確実に事業を引き継ぎたいのですが、どうすればよいでしょうか。

続きを読む

2016年

6月

06日

使用中住宅の相続

 

Q.父母と長男の私は、住宅を改造して商店を営みながら同居してきました。その父が亡くなり、土地・建物が遺産として残されました。二男である弟との遺産についての話合いが進まず、弟は「建物の一部は自分の物だから賃料を払え」と言っています。私たちは、これに応じなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

5月

23日

相続財産の評価

Q.遺言をするために財産がいくらあるのかを調べてみようと思いますが、土地や建物の価格がわかりません。どのようにすれば土地などの価格がわかるのでしょうか?

続きを読む

2016年

4月

06日

内縁の妻と住宅の相続

Q.母が早くに亡くなり、父は別の女性と商店を経営しながら一緒に暮らすようになりましたが、正式な結婚はしていません。その父が亡くなり、土地と建物が遺産としてのこされました。正式な結婚をしていない女性は、建物を使用し続けることができるのでしょうか?

続きを読む

2016年

3月

17日

株式の相続

 

Q.父は伯父(父の兄)とともに家業の商店を会社にし、伯父が社長・父が専務で、株式も半分ずつ持っていました。その父が遺言せずに亡くなり、母と兄弟2人が残されました。伯父は株式を会社に譲るように言ってきましたが、これに応じなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

3月

11日

遺言執行者と遺言の内容

 Q.父は、特定の土地を相続人の1人である二男へ相続させる旨の遺言を書いて、亡くなりました。しかし、長男は、父亡き後、遺言書に反し、その不動産の登記をすべて自己のものにしてしまい、話合いに応じようとしません。遺言では父が生前依頼した弁護士が「遺言執行者」とされていますが、土地を遺言どおりに分けるにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

2月

25日

遺言執行者の権限

Q.父が、遺産として預金と土地を兄弟で等分するよう遺言して亡くなりました。遺言では長男である私が「遺言執行者」とされていますが、二男は預金の名義や土地の登記を自己のものにしてしまい、話合いに応じようとしません。遺産を分けるにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む

お電話・メールでご予約、ご来所の上ご相談ください

メール・お電話でのご相談は受け付けておりません。必ずご予約ください

ご予約専用フリーダイアル

0120-976-481

平日 AM  8:30 - PM 6:00

土曜 AM10:00 - PM 3:00

福岡市中央区大名2-4-19

福岡赤坂ビル601