福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

相続・遺言の法律豆知識

2017年

12月

13日

相続と生命保険

こんにちは。弁護士の奥田です。
今日は、相続と生命保険の関係について、ご説明したいと思います。

続きを読む

2017年

9月

04日

嫡出でない子の相続分

Q.長男は正式に結婚していた先妻の間にできた子で、二男は現在の妻との間にできた子です。現在の妻とは婚姻届を出さずに暮らしています。個人で経営してきた商店を長男に受け継がせたいと考えていますが、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

19日

再婚相手の子の相続分

Q.長男は先妻の間にできた子で、二男は現在の妻の連れ子です。二男は、私との間にできた子ではありませんが、我が子のように大切に育ててきました。長男と同様に財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

4月

01日

兄弟姉妹の相続分

 

Q.商店を妻と経営してきましたが、子はいません。私の両親は他界しており、私の弟2人は商店を手伝ったことはありません。妻だけに商店などの財産をのこすには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2017年

2月

07日

半血の兄弟の相続分

 

Q.兄が交通事故で亡くなりました。兄と私の祖父母や父母は既に他界しています。私たちには、父と後妻の間にできた弟がいますが、本当の兄弟のように過ごしてきました。兄の財産を私と弟で平等にわけることができるのでしょうか?

続きを読む

2016年

10月

19日

子への相続

Q.長年、妻と2人の子を合わせた4人で商店を経営してきましたが、事業を長男に受け継がせたいと考えています。二男は事業を受け継ぐ気がないのですが、クルマはほしいようです。財産を分けるには、どうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

9月

27日

配偶者の相続分

Q.長年、妻と2人の子の4人で商店を経営してきました。事業を長男に譲りたいのですが、妻にも一定の割合の財産をのこしたいと考えています。どのような方法があるでしょうか。

続きを読む

2016年

9月

23日

法定相続分とは

Q.長年、妻と2人の子を合わせた4人で商店を経営してきました。そろそろ事業を長男に受け継がせたいのですが、相続の割合は法律で定められたとおりでなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

9月

06日

遺留分の放棄

 

Q.個人で経営してきた工場を、2人いる子のうち、工場を手伝ってきた長男に譲りたいと思います。工場関連の財産が、私の有する財産の大部分を占めるようです。このような場合、工場経営を長男にスムーズに受け継がせるためには、どのようなことに留意すればよいでしょうか。

続きを読む

2016年

8月

24日

遺留分と贈与

 

Q.私たち2人兄弟には母しかいません。母は、5年前に住宅の購入資金として500万円を長男に贈与していたのですが、先日、「すべての財産を長男に相続させる」という遺言を残して亡くなりました。二男の私の「遺留分」を算定するとき、贈与された500万円は考慮されるのでしょうか?

続きを読む

2016年

8月

10日

遺言と生前贈与

Q.小さな商店を経営していますが、経営を一緒に行ってきた娘婿に事業を譲りたいと思います。生きている間に確実に事業を引き継ぎたいのですが、どうすればよいでしょうか。

続きを読む

2016年

6月

06日

使用中住宅の相続

 

Q.父母と長男の私は、住宅を改造して商店を営みながら同居してきました。その父が亡くなり、土地・建物が遺産として残されました。二男である弟との遺産についての話合いが進まず、弟は「建物の一部は自分の物だから賃料を払え」と言っています。私たちは、これに応じなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

5月

23日

相続財産の評価

Q.遺言をするために財産がいくらあるのかを調べてみようと思いますが、土地や建物の価格がわかりません。どのようにすれば土地などの価格がわかるのでしょうか?

続きを読む

2016年

4月

06日

内縁の妻と住宅の相続

Q.母が早くに亡くなり、父は別の女性と商店を経営しながら一緒に暮らすようになりましたが、正式な結婚はしていません。その父が亡くなり、土地と建物が遺産としてのこされました。正式な結婚をしていない女性は、建物を使用し続けることができるのでしょうか?

続きを読む

2016年

3月

17日

株式の相続

 

Q.父は伯父(父の兄)とともに家業の商店を会社にし、伯父が社長・父が専務で、株式も半分ずつ持っていました。その父が遺言せずに亡くなり、母と兄弟2人が残されました。伯父は株式を会社に譲るように言ってきましたが、これに応じなければならないのでしょうか?

続きを読む

2016年

3月

11日

遺言執行者と遺言の内容

 Q.父は、特定の土地を相続人の1人である二男へ相続させる旨の遺言を書いて、亡くなりました。しかし、長男は、父亡き後、遺言書に反し、その不動産の登記をすべて自己のものにしてしまい、話合いに応じようとしません。遺言では父が生前依頼した弁護士が「遺言執行者」とされていますが、土地を遺言どおりに分けるにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

2月

25日

遺言執行者の権限

Q.父が、遺産として預金と土地を兄弟で等分するよう遺言して亡くなりました。遺言では長男である私が「遺言執行者」とされていますが、二男は預金の名義や土地の登記を自己のものにしてしまい、話合いに応じようとしません。遺産を分けるにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

2月

24日

遺言の執行

Q.家業を手伝ってきた娘婿に土地を譲ることを遺言しようと思っています。登記などの手続きをどのようにすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

2月

17日

預貯金の相続

Q.母が遺言をせずに亡くなりました。父は既に他界しています。2人兄弟のうち、兄が母名義の預金を管理することになりました。弟の私は、急いでクルマのローンを払いたいので、1/2だけすぐに払うよう兄に請求できるでしょうか?

 

続きを読む

2016年

1月

28日

遺言執行者の選任・解任

Q.父が、長男を「遺言執行者」とし、遺産として預金と土地を兄弟で等分するよう遺言して亡くなりました。

遺産の分け方については遺言どおりでよいのですが、長男が預金の名義変更や土地の登記手続をしようとせず、話合いに応じようともしません。遺産を分けるにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む

2016年

1月

26日

相続財産のリスト

Q.株式会社にして経営してきた商店を長男に譲るため遺言をしようと考えています。住宅は店舗と兼用ですし、現金を会社に貸していますので、個人の財産がどれぐらいなのかわかりません。相続を考えるために何から始めたらいいでしょうか?

続きを読む

2015年

10月

21日

学費の援助を受けた人は、相続分が減額されるか~学費の特別受益性~

遺産分割をする際に、法定相続人(遺産を受け取る立場の人)の中に、被相続人(亡くなった人)から生前贈与や遺贈を受けている人がいる場合には、「特別受益」として、その人が受け取る遺産が減額されるケースがあります(詳しくはこちらのページでご説明しています)。

 

あなたが被相続人から受け取った財産が「特別受益」であると判断されると、あなたが最終的に受け取れる遺産の額は、他の相続人に比べて少なくなってしまうという可能性があります。他の相続人からすると、生前にお金をもらっているのだから当たり前だ、という話になりますし、相続人同士の平等を意図しての制度なので当然のことなのですが、あなたにとっては、できることなら「特別受益でない」と判断された方が都合がいい、ということになりそうです。

続きを読む

2014年

12月

24日

法定相続分と遺留分の区別

今回は、基本的なことを理解していてもなお、混同してしまうことのある“法定相続分”と“遺留分”の違いについて、ご説明したいと思います。

続きを読む

お電話・メールでご予約、ご来所の上ご相談ください

メール・お電話でのご相談は受け付けておりません。必ずご予約ください

ご予約専用フリーダイアル

0120-976-481

平日 AM  8:30 - PM 6:00

土曜 AM10:00 - PM 3:00

福岡市中央区大名2-4-19

福岡赤坂ビル601