福岡の弁護士による 相続・遺言・遺産分割相談【おくだ総合法律事務所】福岡県福岡市中央区大名2-4-19-601 ご予約0120-976-481

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは,法定の方式に従い遺言を記載した書面のうち,遺言者が全文・日付・氏名を自書し,押印したものをいいます(民法968条)。

自書

自筆証書遺言は,遺言者の真意を確かめ,偽造・変造を防ぐため,本人が全文を自筆で書くことが必要です。パソコンやワープロで作成することはできないため,自分で文字を書く能力(自筆能力)が必要です。視力が衰えたり,手が震えたりして文字を書くことができない場合,手を添えてもらうことによって自書と認められないことがあります(最判昭和62年10月8日民集41巻7号1471頁)。

また,ご夫婦の仲が良くても,2人以上の人が共同で同一の遺言書に遺言をすることもできません(共同遺言の禁止 民法975条)。

日付

遺言は,いつでも遺言の方式に従って撤回でき,前の遺言が後の遺言と抵触するときは,後の遺言が優先します。このことから,遺言書には作成の日がわかるように日付を記入することが必要で,「○年○月吉日」という記載は認められません(最判昭和54年5月31日民集33巻4号445頁)。

押印

自筆証書遺言には押印が必要です。押印は,遺言者の真意を確かめ,偽造・変造を防ぐためですから,印鑑の種類は自由ですし,押印する箇所に決まりはありません。

自筆証書遺言のご相談

自筆証書遺言は,ご自身で簡単に作成でき,内容を他者に知られることもありません。しかし自筆証書遺言は,紛失したり,変造・偽造がされるおそれがありますし,記載内容が不明確だとトラブルの原因になります。

遺言はご自身の最終の意思を確認するためのものですから,ご自身の意思を明らかにするとともに,ご家族にトラブルを生じさせないためにも,弁護士にご相談されることをおすすめします。

【動画でわかる!】自筆証書遺言について

【動画でわかる!】自筆証書遺言について~ご家族の立場から


ご予約フリーダイアル0120-976-481